政経講義04 国際的な人権保障

本単元のポイント
①人権獲得の歴史
②人権保障の文書内容

今回は国際的な人権保障について。王による独裁が普通だった時代には、1人1人の人権が尊重されないこともあった。人が生まれながらにもつ権利(=自然権)を保障しようと、各国が歩んできた歴史を抑えていく。

▼人権保障の歴史

まずは簡単に年表にまとめたものを見て欲しい。

人権保障の歴史年表(前編)
人権保障の歴史年表(後編)

似たような名前の出来事が並び、受験生にとっても覚えにくい分野となっている。覚え方としては、国のまとまりを掴んでいくこと。英→米→仏の順に並んでいる。ここには主要なものしか載せていないので、確実に覚えておくべきレベルです!

▼主要な文書の内容

ここからは、一つ一つの文書内容に触れていく。入試では共通テストレベルであっても出題可能性があるものなので、各文書のキーワードや見分け方は抑えておきたい。

重要史料➀マグナカルタ

マグナカルタのポイント

重要史料②権利章典

権利章典のポイント

重要史料③バージニア権利章典

バージニア権利章典のポイント

重要史料④アメリカ独立宣言

アメリカ独立宣言のポイント

重要史料⑤フランス人権宣言

フランス人権宣言のポイント

重要史料⑥ワイマール憲法

ワイマール憲法のポイント

以上の文書は内容まで問われる重要なもの。赤で書いたキーワードは確実に覚えて、その部分を見た瞬間に文書の名前がわかるようにする必要がある。あとは問題演習を通して、実戦問題に慣れていきましょう!

問題演習はコチラから!→政経演習02 人権保障と法の支配

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました