政経講義01 政治分野の頻出人物

本単元のポイント
⑴人物の名前+キーワード+主著などを一致させる
⑵登場人物は少ないので、手を抜かず全員覚える!

政経では人物が登場することが非常に少ないため、出題される人物も限定される。名前とキーワード、主著をしっかり抑えておくだけで、正答できる問題も多いため、得点源にできるようにしよう。

▼絶対覚えるべき超頻出人物8選

以下に示す人物は、人物名と思想の内容、主著などを併せて覚える必要がある人物。

絶対覚えるべき政治の人物
解答はこの中に click↓
絶対覚えるべき政治の人物(解答)

①ホッブズ②ロック③ルソーはいずれも社会契約説の部分で出てくるため、セットで覚える必要がある。特に、ロックが間接民主制を推したのに対し、ルソーは直接民主制を理想とした事項はよく出る。

社会契約説の人物に関しては、これ以降の講義で詳しく解説するので今回はこの程度で。上記の8人はいずれも入試問題での出題があるような人物なので、確実に覚えておこう。

▼名前とキーワードを覚える頻出人物8選

できれば覚えておくといい政治の人物
解答はこの中に click↓
できれば覚えておくといい政治の人物(解答)

以上の人物は名前とキーワードをしっかり覚えておけば、大方問題なしというレベル。たまには内容も問われる可能性があるので、高得点を目指している人は詳細まで抑えておきたい。

ここで紹介しなかった人物で過去に出題があったのが、マックス=ウェーバー。国家における支配について説いた人物である。

政治分野で登場するその他の人物となると、正直思いつかない。裏を返せば、今出てきた人物さえ抑えれば、人物問題は正答できる可能性が高いということ。取りこぼしをしないようにしよう!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました