政経まとめ25 –財政政策–

政経まとめ

今回は財政について。政府が経済においてどのような役割を持ち、どのような働きかけをしているのかを解説していく。財政の役割は大きく分けて3つに分けられる。

➀資源の配分 ②所得の再分配 ③景気の安定 以上の3点だ。

➀資源の配分

これは最もシンプルな役割で、公共財(みんなが使うもの)の提供を行うということ。具体的には、道路や公園、水道や警察・消防などがある。これらのものは、特定の人を排除できない(非排除性)という性質がある。消防士さんがお金儲けのために、「金を出さない人には消防車は出しません」なんて言い始めたら、国が成り立たないよね。

だからこそ、このような公共財は政府が責任もって、適切に配分することが役割の一つになっている。

②所得の再分配

2つ目の役割は「所得の再分配」。簡単に言うと、所得の格差を出来るだけ小さくすること。

日本は資本主義経済の国であり、自由競争の結果、当然所得の格差は存在する。以下の表を見てほしい。これは給与所得者を金額別と納税額別に分けたものである。一番右の青が1000万円以上の層だが、人数比としては全体の13%程度しかいない。

日本では、所得税などで累進課税制度を導入していることから、多く稼いでいる人から多く税を取ってる。その結果、約13%の人数で全体の税額の約80%を納めるという現状に繋がっている。また、生活困窮者や諸手当が必要な人には社会保障費を重点的に配分している。

このように、高所得者からしっかり税金を取り、低所得者との格差を少なくしていく動きを、「所得の再分配」と呼んでいる。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました