共通テスト前日の過ごし方 

2日後に共通テストが迫ってきました。ここまで来たらあとは体調管理最優先。万全の態勢で試験に臨めるように、できる限りの準備をしましょう。今日は、共通テスト前日の過ごし方について、私なりのアドバイスをまとめていこうと思います。

前日はとにかく準備最優先!

勉強するとしても、やるのは確認のみで留めておく方がいい。どれだけやってきた人でも、不安になるもの。勉強すればするほど、「これもわからん」「これもやらなきゃ」と自分を追い詰めてしまう。「ここまできたら、もうやることはない。」と割り切ってしまうことが大切です。

学校によってさまざまだとは思いますが、私が赴任してきた高校では昼から帰宅することが多かったです。そういう人は、あまり頑張り過ぎず、早めに家に帰って準備のことを考えることをお勧めします。

もし準備が早めに終われば、下見に行くなり、家でゆっくりするなりして、リラックスしよう。勉強をするにしても、夜遅くにならないように早めに切り上げて、明日の準備とイメージトレーニングをしながら早めに寝ましょう。

これまでの勉強してきたことを振り返る。

リラックスとは言ったものの、長い時間じっとしているとそわそわして落ち着かない。そんな時には、自分が書いたノートや問題集を振り返るといいでしょう。とにかく自分が頑張った証明となるようなものを、見返すことです。

これまでやってきたことを振り返るのは、今までの総復習のためだけではありません。自分のやってきたことを改めて確認し、「これだけやってきたんだから大丈夫」という自信に繋げることにもなります。まとめたノートや、書き込みのある参考書、学習記録などを、ぱらぱらと見返してみよう。

ルールを決めておく。

例えば、全く分からない問題と出会ったら。勘で②にしようか、③にしようかと悩む時間が無駄である。迷っている中で1番小さい番号にするとか、奇数を選ぶとか、自分のルールを決めておくといい。

その他にも、試験会場で休み時間をどのように過ごすか(当日は空き時間が非常に長い!)、休み時間の復習をするときに何を使うか、こういったことも先に決めておくと安心です。

とにかく準備!

前日の夜から準備をした場合、万が一必要なものがない!と気づいたときに店が開いていなかったり、意外と準備することが多くて寝るのが遅くなってしまったり、何かとばたつくものです。出来ることなら、太陽が出ているうちに。明るいうちにある程度の準備を終わらせておきましょう。

とにかく準備に時間をかけて、自分で余裕をつくりだすこと。その準備が当日の行動にもつながり、ベストパフォーマンスが発揮できるはずです。

当日あるといいもの

ここからは完全に自分の経験談ですが、当日持っていくと良いものを紹介します。基本はいつも通りが望ましいので、慣れないことはしない方がいいです。変に栄養ドリンク飲んでみたり、普段しない恰好をすると、落ち着かないかもしれません。なので、普段の模試よりちょっと気を付けるくらいがいいでしょう。

まず、食べ過ぎると午後のテストが眠くなるので、昼飯は多すぎないことがおすすめ。そのため、最後の方におなかが空くことを想定すると、おやつは必須です。基本はいつも食べ慣れているものがいいですね。私は糖分補給が大事だ!と過信して、おやつはいつもチョコレートでした。当日は腹持ちがいいブラックサンダーを何個か持っていきました。

あとは手がかじかまないよう、貼らないタイプのカイロもあった方がいいですね。貼るタイプだと、場合によっては熱すぎることになるかもしれないので、貼りすぎには注意です。

あとは薬!当日はかなりのプレッシャー、緊張感の中で1日を過ごすため、体調に悪影響を及ぼす恐れもあります。頭痛薬や胃腸薬など、普段飲んでいるものがあればカバンに入れておくと安心です。

基本的な持ち物については、学校からのプリントやネットの記事などを見ながら、チェックするといいです!

記事の更新がぎりぎりになってしまいすみません。一人でも多くの人に読んでもらい、充実した共通テストになる事を願っています。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました