共通テスト当日の過ごし方 

いよいよ明日に共通テストが迫ってきました。本日はあいにくの大雪で、大変な朝になったと思いますが、明日は今日より収まりそうですね。毎年共通テストの時期に大雪が降ることが多いのですが、何とか無事にみなさんが試験を受けられることを願っています。今日は、共通テスト当日の過ごし方について、私なりのアドバイスをまとめていこうと思います。

とにかく“時間と心”に余裕を持って行動。

周りの受験生は皆不安と闘っている。みんなだけじゃない。「全員同じ状況だ」と言い聞かせて、落ち着こう。そのためにも、直前の勉強に必死になって駅を降り過ごすとか、1本電車を乗り過ごしただけで対応ができなくなるではいけない。準備をしっかりして、時間にも余裕を持って行動しよう。

その場の自己採点だけは絶対するな。

テストが終わると「あれって〇〇だよね?」という確認をする人をよく見るけれど、その自己採点に意味はあるか?合っていてテンションが上がっても、次の科目で点が伸びるわけではない。もっと最悪なのは、自分が違った時。「あれもこれも違う…もう終わった…」となってしまったら、次の科目も引きずってしまう。しかも、もし自分だけが合っていて、周り数人が全員間違っていたらどうする?せっかく正解したのに、勘違いで落ち込むなんてあほらしい。とにかく直後の自己採点は無意味だ。

周りでその作業をする人がいるかもしれないが、全て無視。音楽でも聴きながら、次の科目の確認をしよう。

終わったことは考えても仕方ない!2日目が終わった後に考えればよい。さっさと次のことを考えよう。

自分ができてなければ周りもできていない。

共通テストは、2日間に分けて多くの種類の問題と出会う。その中に一つくらいは、超難問な年が当たる可能性は高い。今年はしかも共通テスト2年目。昨年度は予想より易しめであったことを考えると、今年は難化する恐れもある。もういっそのこと、難化すると思っていればいいかもしれない。

今まで見たことないビックリするような難問があれば、きっと撃沈することもあるでしょう。そこで大事なのは引きずらないこと

「自分がこんなに苦しんだなら、周りも相当できんかったはず。」「平均点低いかも。」「これは難化した。」そう開き直って、次の科目に気持ちを切り替えて欲しい。

空き時間は普段の倍以上。効率よく過ごそう。

共通テストの間は、40~50分あることも。問題回収や配付の時間に余裕を持たせてあるとはいえ、自由な時間が結構あると思っておくと良い。普段の模試だとトイレにいって終わりくらいだと思いますが、当日は違う。

自分のお気に入りの参考書やノートで復習、おやつで糖分補給、友達と雑談など、過ごし方は様々。会場によってはちょっと外の空気を吸ってリフレッシュできる場所もあるかもしれない。

どうやって過ごそうか、事前に考えておいて、充実した空き時間を過ごそう。なんとか長い一日を乗り切ってほしいと思います。

あとは、終わった後のご褒美を考えてもいいかもしれません!私はいつも買えない高めのお菓子を買ったのと、2日目の夜だけは勉強のことを忘れてウイニングイレブンをやりました(笑)そのくらいの息抜きはいいと思います。

2日間、頑張ってきてください!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました