共通テスト 政経 過去問 25 財政政策・予算

kakomon-icon入試問題

2021年から始まる共通テスト。従来実施されていたセンター試験より、思考力を問う問題が多くなる。読解すべき文章量が多くなり、持っている知識と結び付けて正解を導き出す必要がある。とはいえ、まず前提に知識がなければ解けないので、センター試験の過去問演習を通して知識の定着を目指しましょう。

PDFプリントver.はプリント集からダウンロード可能です!紙で問題を解きたい方は、こちらから印刷してください。→《プリント集》

問1 次の文章中の空欄 ア ・ イ に当てはまる語句の組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

財政の機能の一つに,市場では適切に供給されない公共財を供給する ア がある。インフラ整備といった公共投資は公共財供給の代表例といえる。実際の政策では単一の機能だけでなく,しばしば複数の機能が利用される。たとえば,公共投資は公共財の供給に加え, イ として景気の安定化を図ることができる。

① ア 所得の再分配   イ フィスカル・ポリシー

② ア 所得の再分配   イ ビルト・イン・スタビライザー

③ ア 資源配分の調整  イ フィスカル・ポリシー

④ ア 資源配分の調整  イ ビルト・イン・スタビライザー

解答解説(クリックで表示)
③【解説】ア→所得の再分配とは、累進課税制度などで支払う税を調整したり、生活保護などの社会保障費を調整することで、所得の格差を小さくするもの。イ→フィスカルポリシーとは意図的な景気安定政策を指す。一方でビルトインスタビライザーは自動安定装置と呼ばれ、もともと備わっている税や社会保障のしくみを通じて景気調整をするもの。公共投資のような、意図的な政策を実施するわけではない。

問2 財政政策についての記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 政府が財政政策の手段として税の増減と公共支出の増減とをあわせて用いることを,ポリシー・ミックスという。

② 政府による建設国債以外の国債の発行を原則として禁止することを,財政の硬直化という。

③ 政府は好景気のときには財政支出を増加させ,不景気のときには財政支出を減少させることで,経済を安定させようとする。

④ 政府は好景気のときには増税し,不景気のときには減税することで,経済を安定させようとする。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】好景気の場合、通貨量が過剰になりインフレを招く恐れがあるため、増税をすることで通貨量を抑える。①ポリシーミックスとは、財政政策や金融政策を一体化して行うこと。②財政の硬直化とは、国債の返済が占める割合が増加し、国の経済に十分な資金が回せない状況を指す。③財政支出を増加させると、経済が活性化して通貨量が増加すると考えられる。よって、この措置は不景気の際に行うのが望ましい。

問3 日本の予算に関する記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 特別会計の予算は,特定の事業を行う場合や特定の資金を管理・運用する場合に,一般会計の予算とは区別して作成される。

② 国の予算の一つである政府関係機関予算については,国会に提出して,その承認を受ける必要はないとされている。

③ 財政投融資の見直しが行われ,現在では郵便貯金や年金の積立金は一括して国に預託され,運用されるようになっている。

④ 補正予算とは,当初予算案の国会審議の最中に,その当初予算案に追加や変更がなされた予算のことである。

解答解説(クリックで表示)
①【解説】②承認が必要。③2001年に郵便貯金や年金の運用は廃止されている。④補正予算とは、予算成立後に生じた自然災害などの緊急事態に対応するために作成される予算のこと。予算案の審議中に変更されたものではない。

問4 次のA~Dは,日本の財政をめぐる出来事についての記述である。これらの出来事を古い順に並べたとき,3番目にくるものとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

A 税率3パーセントの消費税が導入された。

B 国と地方との関係が見直され,地方分権一括法が施行された。

C 直接税中心の税体系を提唱したシャウプ勧告が行われた。

D 第二次世界大戦後初めて,赤字国債(特例国債)が発行された。

① A  ② B  ③ C  ④ D

解答解説(クリックで表示)
①【解説】C:戦後の税制改革(1949年)→D:石油危機の混乱などによる経済不振の際に発行(1975)→A:竹下登内閣(1989年)→B:地方分権の推進(1999)

問5 次のA~Dは,政府支出の規模に影響を与えた政策の事例である。これらを古い順に並べたとき,3番目にくるものとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

A 日本において,第二次臨時行政調査会の答申を受け,日本電信電話公社など三つの公社の民営化が進められた。

B アメリカにおいて,ニューディール政策を通じて,公共投資の規模が拡大された。

C 日本において,所得倍増計画に基づいて,積極的に公共投資を拡大するなどして民間経済の成長を後押しした。

D イギリスにおいて,ベバリッジ報告に基づいて,「ゆりかごから墓場まで」といわれる社会保障制度が整備された。

① A  ② B  ③ C  ④ D

解答解説(クリックで表示)
③【解説】B:ニューディール政策は世界恐慌からの景気回復を目指したもの(1931)→D:社会保障の先駆けとなった報告(1941年)→C:国民所得倍増計画は高度経済成長期の池田勇人内閣(1960)→A:日本電信電話公社とはNTTと呼ばれるもので、その他にも国鉄(JR)、日本専売公社(現JT)を含めた三公社が民営化された。中曽根内閣で1980年代の出来事である。

問6 日本の社会資本をめぐる記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 社会資本には,生産に関連するものと,生活に関連するものとがある。

② 社会資本の整備を目的として国債を発行することは,禁じられている。

③ 社会資本の整備を実施するために,財政投融資が財源の一つとして利用されている。

④ 社会資本の整備の際に,土地を収用されることによって財産上の損失を被った国民は,その損失の補償を求めることができる。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】②建設公債という名で発行されている。

問7 日本における公共事業や減税に関する記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 地方消費税の税率が3パーセントから2パーセントに引き下げられた。

② 道路・河川の整備・改修などの公共事業の経費の一部を国が負担する制度として,共済制度がある。

③ 財政法は原則として国債発行を禁止しているが,公共事業費,出資金,貸付金などに充てる国債の発行を認めている。

④ 所得税の累進課税が逆進課税に改められた。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】①地方消費税は消費税8%だった時の1.7%から、消費税10%になったと同時に2.2%へ引き上げられている。④所得税の累進課税は現在も採用されている。5%~45%の7段階となっている。

問8 財政の役割A~Cとその内容の説明文ア~ウとの組合せとして最も適当なものを,下の①~⑥のうちから一つ選べ。

A 所得の再分配

B 資源配分の調整

C 景気の安定化

ア 公共投資の規模を調整し,経済の大幅な変動を抑える。

イ 司法や防衛,上下水道など,市場では最適な供給が難しい財・サービスを提供する。

ウ 生活保護や福祉サービスの給付を行い,一定の生活水準を保障する。

① A―ア  B―イ  C―ウ

② A―ア  B―ウ  C―イ

③ A―イ  B―ア  C―ウ

④ A―イ  B―ウ  C―ア

⑤ A―ウ  B―ア  C―イ

⑥ A―ウ  B―イ  C―ア

解答解説(クリックで表示)
⑥【解説】財政の役割はこの3つが主要なもの。しっかり覚えておこう。

問9 現行の日本の予算制度についての記述として適当でないものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 予算を作成して国会に提出できるのは,内閣に限られる。

② 国が特定の事業を行う場合は,一般会計予算とは区分して特別会計予算を作成することができる。

③ 補正予算は,年度途中で当初予算に追加・変更を行う場合に作成される。

④ 「第二の予算」と呼ばれる財政投融資計画は,郵便貯金や年金資金の預託金を原資として作成される。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】④郵便貯金や年金資金を原資としていたのは過去の話であり、現在は実施されていない。現在は政府が調達した資金を政府系金融機関が供給し、民間企業とともに事業を実施する形で資金を動かしている。

問10  「小さな政府」の趣旨に沿う財政改革についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 経済的弱者を保護するために,社会保障を充実させて所得の再分配効果を高める。

② 累進課税制度を採用している所得税において,最高税率を下げることで,累進度を弱める。

③ 景気停滞期において,国債発行により財源を調達し,公共事業を通じて有効需要を増加させる。

④ 経済の活力を高めるために,中小企業や地方自治体を対象とした補助金を増額する。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】小さな政府は、国からの縛りをできるだけ小さくし、自由な活動を支援していくイメージ。②を実施すれば高所得者の税を抑え、自由に使える資金が増えるため、該当するといえる。

★わからなかった人は復習を丁寧にしておこう!⇒ まとめ25 財政政策

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました