共通テスト 政経 過去問 24 近年の金融改革

kakomon-icon入試問題

2021年から始まる共通テスト。従来実施されていたセンター試験より、思考力を問う問題が多くなる。読解すべき文章量が多くなり、持っている知識と結び付けて正解を導き出す必要がある。とはいえ、まず前提に知識がなければ解けないので、センター試験の過去問演習を通して知識の定着を目指しましょう。

PDFプリントver.はプリント集からダウンロード可能です!紙で問題を解きたい方は、こちらから印刷してください。→《プリント集》

問1 預金や貯蓄についての記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 貯蓄は,金融機関や株式市場などを通じて企業に出資されたり貸し出しされたりし,投資に使われる。

② 高齢化が進展し,貯蓄を取り崩す高齢者が増加すると,家計貯蓄率が低下する要因となる。

③ 日本では,金融の自由化が進んだこともあり,預金金利や貸出金利は自由化されている。

④ 日本では,銀行が破綻した場合に,日本銀行が預金者に一定額の払戻しを行う制度がある。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】④銀行が破綻した場合に一定額の払い戻しを行う制度はペイオフ制度と呼ばれ、現在実施されているが、払い戻しを行うのは預金保険機構という組織である。

問2 日本の金融機関についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 巨額の不良債権を抱え込んだ結果,1990年代の後半に()(たん)が相次いだ。

② ノンバンクは,預金を受け入れて融資を行っている。

③ 銀行は,コール市場において手形,国債,株式の売買を行っている。

④ バブル崩壊後,経営再建のために護送船団方式が採用された。

解答解説(クリックで表示)
①【解説】1990年代はバブル経済の崩壊に伴い、不良債権を抱えた金融機関があった。北海道拓殖銀行、山一證券といった大手金融機関が倒産に追い込まれた。

問3 日本の金融をめぐる記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 民間企業の資金調達において高度成長期には直接金融の割合が高かったが,その後は間接金融の割合が増加傾向にある。

② バブル崩壊をきっかけとして,銀行の自己資本比率に関する規制(BIS規制)は廃止された。

③ 日本銀行券の過剰発行を防止するため,その発行総額は日本銀行が保有する(きん)の価値総額を超えてはならないこととされている。

④ 1990年代の後半には,日本版ビッグバンと呼ばれる金融制度の改革が行われた。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】④1996年、FREE・FAIR・GLOBALの三原則に沿って国際化・自由化に関連する改革が実施された。①直接金融と間接金融が反対なら正しい。②BIS規制は、国際的に業務を行う銀行の統一基準を定めたもの。廃止されたという事実はない。③金本位制ではないため、金の保有量に関わらず紙幣の発行は可能。

問4 日本で進められた金融の自由化の内容についての記述として適当でないものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 特定の業務分野に活動が限定されてきた金融機関が,子会社を通じて他の金融業務に進出できるようになった。

② 外国為替取引の自由化など金融の国際化が進められた。

③ 預金のうちの一定割合を日本銀行に預けることを義務づけられてきた銀行が,義務づけがなくなり貸出し量を自由に決められるようになった。

④ 銀行の預金金利に対する規制が段階的に撤廃された。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】③これを預金準備金という。過去にはこの比率を上下させることで通貨量を調整する金融政策を実施していた。

問5 度重なる景気対策の中で,1990 年代以降,日本銀行によって実際にとられた政策として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① デフレ対策として,ゼロ金利政策を実施した。

② 貸し渋り対策として,中小企業に直接資金を貸し出した。

③ 国債の安定消化のために,赤字国債の直接引受けを行った。

④ 預金者保護のために,預金準備率を引き上げた。

解答解説(クリックで表示)
①【解説】①ゼロ金利政策が実施されるようになったのは、深刻なデフレの打開策として始められた1999年以降。③日本銀行が国債を直接引き受けることは禁止されている。④預金準備率は1991年以降変更されていない。

問6 グローバル・スタンダードの事例として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 銀行の自己資本比率の規制

② 銀行預金の全額保護

③ 預金金利の規制

④ 金融機関の業務分野の規制

解答解説(クリックで表示)
①【解説】グローバルスタンダードとは、「世界共通の」「世界基準の」という意味。①のBIS規制は、国際的な業務を行う金融機関の統一基準。②~④は日本国内に適用される規制。

問7 日本における金融の自由化・国際化についての記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① アメリカを中心とする外国の銀行が日本へ進出するとともに,大手銀行どうしの合併など,金融業界の再編も進んだ。

② 投資家による自由な資金運用の促進を目的として,銀行と証券の業務分野が二分化された。

③ 市中銀行が,預金金利を自由に設定できるようになった。

④ 金融機関以外の一般企業が,銀行業などに参入するようになった。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】②むしろ金融緩和が進み一体化したといえる。④にあるように、他業種からの参入も認められ、セブン銀行やイオン銀行、楽天銀行といった新しい銀行が増加している。③金利の自由化は頻出。

問8 バブル崩壊後の日本の金融についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 銀行の所有している土地の価格が下がって含み損が発生したため,銀行の不良債権問題が生じた。

② バブル崩壊後,大量の不良債権を抱えた銀行が企業への貸出しを抑制したことが,「貸し渋り」として批判された。

③ 日本版ビッグバンの背景には,東京の金融市場から日本の各地の金融市場へと取引が分散する「金融の空洞化」現象があった。

④ ゼロ金利政策の実施により,銀行は最優遇の企業に対して,一定期間無利子で貸出しを行うことが義務付けられた。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】②バブル崩壊後、不良債権を抱えたり、BIS規制の基準を満たすために、貸し出しを抑制したことがあった。

問9 1990年代後半以降の日本の金融機関についての記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 同一の金融持株会社の傘下で,さまざまな金融機関が各種の金融サービスを提供することが可能となった。

② 株式売買の委託手数料が完全自由化され,証券会社の間では,とりわけインターネットによる売買取引において手数料の引下げ競争が起こった。

③ 銀行や証券会社などのさまざまな金融機関の業務に,製造業や流通業などの異業種からの参入が容易になった。

④ 都市銀行は,公的資金の投入を受けずに不良債権問題を解決し,金融再編を進めた。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】④破綻が続いた1990年代後半に、公的資金の投入についての制度が整備された。日本の金融界がバブル崩壊から現在まで自らで最終的に処理した不良債権額は実に100兆円に上り、国内総生産(GDP)の20%に相当した。

問10 日本の金融自由化についての記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 預金金利規制が撤廃され,預金金利に銀行間格差が生じるようになった。

② 銀行と証券の間で,相互の乗り入れが可能になった。

③ 日本の金融機関との提携を通じて,外資系金融機関が国内市場に参入するようになった。

④ 銀行の役割が増大し,直接金融から間接金融へのシフトが進展した。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】問3の解説と同様、日本は元々間接金融中心だったが近年は直接金融が中心となっている。

★金融政策の内容が理解できていないと解けない問題が多くなっている。わからなかった人は復習を丁寧にしておこう!⇒ まとめ27 バブル後の金融政策

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました