共通テスト 政経 過去問 22 物価の動き

kakomon-icon入試問題

2021年から始まる共通テスト。従来実施されていたセンター試験より、思考力を問う問題が多くなる。読解すべき文章量が多くなり、持っている知識と結び付けて正解を導き出す必要がある。とはいえ、まず前提に知識がなければ解けないので、センター試験の過去問演習を通して知識の定着を目指しましょう。

PDFプリントver.はプリント集からダウンロード可能です!紙で問題を解きたい方は、こちらから印刷してください。→《プリント集》

問1 次の図は,1965年から2000年までの日本の消費者物価指数と企業物価指数の変動率(いずれも対前年比)の推移を示したものである。この図から読みとれる内容として正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

① プラザ合意後の円高不況の期間には,消費者物価指数の変動率が企業物価指数の変動率を下回ることがあった。

② 平成不況と呼ばれる景気が悪化した期間には,企業物価指数の変動率はマイナスになることがあった。

③ スミソニアン協定が締結された年には,消費者物価指数の変動率は3パーセントよりも低かった。

④ 第二次石油危機の翌年には,消費者物価指数と企業物価指数の変動率はともに10パーセントよりも高かった。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】①プラザ合意は1985年、その後のグラフを見ると企業物価指数の方が大きく下回っていることが読み取れる。③スミソニアン協定は1973年。変動率は20%を超えている。④第二次石油危機は、1978~79年のイラン革命を発端に起きたもの。消費者物価指数は10%を超えていない。

問2 物価の変動に関する記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① スタグフレーションとは,不況とデフレーションとが同時に進行する現象のことである。

② デフレスパイラルとは,デフレーションと好況とが相互に作用して進行する現象のことである。

③ コスト・プッシュ・インフレーションは,生産費用の上昇が要因となって生じる。 ④ ディマンド・プル・インフレーションは,供給が需要を上回ることにより生じる。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】①スタグフレーションは不況とインフレが同時に起こること。②デフレスパイラルは不況とデフレーションの悪循環を指す。④供給と需要を反対にすれば正しい。

問3 物価に関連する記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① インフレーションの下では,貸幣の価値は上昇する。

② デフレーションの下では,債務を抱える企業や家計にとって債務返済の負担は重くなる。

③ 自国通貨の為替相場の下落は,国内の物価を引き下げる効果をもたらす。

④ デフレスパイラルとは,景気後退と物価上昇が相互に影響し合って進行する現象をいう。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】②デフレーション下では、企業の売り上げも減少し、給与の減少にも繋がると考えられることから、債務を抱える企業や家計にとっての負担は重くなる。③自国通貨の為替相場が下落した場合、輸入が減少する。海外からの安い製品が入ってこないことから、国内の物価を引き下げる効果は生まれないと考えられる。

問4 物価に関連する記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① インフレーションの原因の一つは,総供給が総需要を上回っていることである。

② 消費者物価指数とは,消費者が購入する財・サービスの価格水準の変動を示す指標である。

③ デフレスパイラルとは,物価の下落と不況とが相互に作用し,悪循環に陥っている状態のことである。

④ 内外価格差の生じる原因の一つは,国内外で流通機構に違いがあるため,コストが国によって異なることである。

解答解説(クリックで表示)
①【解説】供給が需要を上回る場合、在庫が増加すると考えられる。その際に起こるのは、在庫処分のための値下げであり、少なくともインフレーションの原因にはならない。

問5 物価の変動についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 物価が下落すると,負債金額が実質的に減少するので資金の貸し手は損失をこうむる。

② 物価が持続的に上昇すると,実質経済成長率は名目経済成長率よりも高い値になる。

③ 物価水準の持続的な上昇を防ぐ手段の一つとしては,売りオペレーションによる金融引締め政策がある。

④ 労働生産性の上昇率が賃金の増加率を下回る場合には,国内の物価水準は下落しやすい。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】物価の上昇を防ぐためには、出回る通貨量を減少させる必要がある。売りオペレーションを実施すれば、市中銀行の通貨を吸収でき、結果的に通貨量の減少へ誘導できる。

問6 景気の波や物価の変動をめぐる記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 短期間に急激に物価水準が上昇する現象は,デフレスパイラルと呼ばれる。

② 生産コストの上昇分が製品価格に転嫁されたために生じる物価水準の上昇は,コスト・プッシュ・インフレーションと呼ばれる。

③ 景気停滞と物価水準の持続的な下落が同時に起こる現象は,スタグフレーションと呼ばれる。

④ 景気循環において好況期から後退期へと変わる局面は,景気の谷と呼ばれる。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】④好況期化から後退期へ変わる局面は、景気の山と呼ばれる。

問7 バブル崩壊後の時期には,物価の下落傾向がみられた。継続的な物価下落の一般的な影響についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 為替相場が変化しなければ,輸出品の価格は上昇する。

② 金利(利子率)が変化しなければ,資金の借り手の負担は重くなる。

③ 実質経済成長率が変化しなければ,名目経済成長率は高くなる。

④ ある人の収入が変化しなければ,その人の購買力は低下する。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】②物価が下がると企業の利益も減り、所得も減少する原因となる。借り手の負担は重くなると考えられる。①物価が下がったものを輸出する訳なので、為替相場が変わらなければ価格は低下すると考えられる。③物価が低下する分、実質GDPが変化しなければ名目GDPは減るので、名目経済成長率は低くなる。④収入が変化しなければ、物価が低い分、消費はしやすい。購買力は上がると考えられる。

問8 1990年代末に,日本で消費者物価の水準が低下した理由として適当でないものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 中国などアジア諸国から輸入される製品が増えた。

② 生産能力に比較して,有効需要が不足していた。

③ 情報技術の利用や大量仕入れなどにより,費用削減が図られた。

④ 高金利政策により,設備投資や住宅投資が抑制された。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】1990年代末はバブル崩壊後の不況が続く状態。政府は金融緩和政策を採り、資金の回りをよくしようとした。つまり、④の内容は真逆である。①~③の内容も知識として覚えておこう。

問9 物価水準に関連する記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。 

① 日本では,二度の石油危機が生じた1970年代を通じて,消費者物価指数は卸売物価指数より高い対前年比上昇率を示した。

② 日本では,1980年代後半に株価や地価が高騰したが,それらと比べて消費者物価は比較的安定していた。

③ 賃金の引上げにより増加した人件費が製品価格に上乗せされたため生じた物価水準の上昇は,ディマンド・プル・インフレーションと呼ばれる。

④ 物価水準の持続的な下落と景気の停滞とが同時に起こる現象は,スタグフレーションと呼ばれる。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】消費者物価は、70年代のオイルショック時に急激なインフレーションを起こしたが、80年代以降は5%弱の数値で安定した推移を見せている。2000年前後やリーマンショック時に、前年度比でマイナスとなっている年もある。③はコストプッシュインフレの説明、④はスタグフレーションであるなら物価の持続的な上昇+景気停滞とすればよい。

問10 インフレーションが経済活動に及ぼす影響についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 自国通貨の対外価値が上昇するため,輸入品の国内価格が下落する。

② 実質賃金が上昇するため,労働者の購入する商品の量が増加する。

③ 借金をしている人の実質的な返済の負担が減少する。

④ 資産を土地で保有するよりも,現金や預貯金で保有する方が有利になる。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】インフレーションを起こすと、通貨の価値が低下する。(りんご1個1万円のような社会になったら、1万円の価値は下がるよね…借金100万円だとしても、「りんご100個分」で返済できる。)つまり、借金の価値も実質的には低下するため、返済の負担が減少すると考えられる。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました