共通テスト 政経 過去問 21 経済成長と景気変動

kakomon-icon入試問題

2021年から始まる共通テスト。従来実施されていたセンター試験より、思考力を問う問題が多くなる。読解すべき文章量が多くなり、持っている知識と結び付けて正解を導き出す必要がある。とはいえ、まず前提に知識がなければ解けないので、センター試験の過去問演習を通して知識の定着を目指しましょう。

PDFプリントver.はプリント集からダウンロード可能です!紙で問題を解きたい方は、こちらから印刷してください。→《プリント集》

問1 景気循環の類型とそれが起こる主な要因についての記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① クズネッツの波は,技術革新を主な要因として起こるとされる景気循環である。

② コンドラチェフの波は,在庫投資の変動を主な要因として起こるとされる景気循環である。

③ キチンの波は,建設投資の変動を主な要因として起こるとされる景気循環である。

④ ジュグラーの波は,設備投資の変動を主な要因として起こるとされる景気循環である。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】景気の波を提唱した人物+その要因+周期の長さをセットで覚えておこう。忘れている人は下の表をチェック!
景気変動の解説図
景気の波 解説

問2 経済発展の原動力として,新技術の開発や新たな生産方式の導入といったイノベーションの重要性を強調した経済学者は誰か。最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① アダム・スミス

② シュンペーター

③ マルサス

④ リカード

解答解説(クリックで表示)
②【解説】全員重要人物なので、主著やキーワードとともに覚えておきたい人物ばかりだ。

問3 景気循環の各局面において一般的にみられる現象として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 好況期には,生産が拡大し,雇用者数が増加する。

② 景気後退期には,商品の超過供給が発生し,在庫が減少する。

③ 不況期には,労働需要が労働供給に対し過大になり,失業率が上昇する。

④ 景気回復期には,在庫が減少し,投資が縮小する。

解答解説(クリックで表示)
①【解説】好況期は右肩上がりに上昇している局面。その他の局面も抑えておこう。②は在庫が処理しきれず増加する。③は労働需要と労働供給が逆。「労働者が欲しい=労働需要」なので、不況期には労働需要が減少する。④回復期には投資が増大すると考えられる。

問4 市場の動向や景気の変動についての記述として適当でないものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

① 不況の下で物価が持続的に上昇する現象を,スタグフレーションという。

② 好況から不況への景気後退が急激かつ広範囲に生じる現象を,恐慌という。

③ 資源開発投資の動向によって起こる中期の波動を,クズネッツの波という。

④ 技術革新の展開によって起こる長期の波動を,コンドラチェフの波という。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】景気の波については問1の解説を参照。③はジュグラーの波に関する説明。

問5 さまざまな景気循環の類型についての説が存在する。次の類型A~Cと,それぞれの循環を引き起こす原因についての記述ア~ウとの組合せとして正しいものを,下の①~⑥のうちから一つ選べ。

A 短期波動(キチンの波)

B 中期波動(ジュグラーの波)

C 長期波動(コンドラチェフの波)

ア 技術革新や大規模な資源開発

イ 設備投資の変動

ウ 在庫投資の変動

① A―ア       B―イ      C―ウ  ② A―ア       B―ウ      C―イ

③ A―イ       B―ア      C―ウ  ④ A―イ       B―ウ      C―ア

⑤ A―ウ       B―ア      C―イ  ⑥ A―ウ       B―イ      C―ア

解答解説(クリックで表示)
⑥【解説】問1の解説を参考に考える。

問6 景気変動に関連して,景気循環と経済活動の変化との関係を,模式的に示す図として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】正しいのは③。後退期はさらに「後退期」「不況期」に、拡張期は「回復期」「好況期」に分けられる。

問7 景気循環の類型についての記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① コンドラチェフの波は,耐久消費財の買換え需要の変動を主な原因として起こるといわれる景気循環である。

② クズネッツの波は,在庫投資の変動を主な原因として起こるといわれる景気循環である。

③ ジュグラーの波は,設備投資の変動を主な原因として起こるといわれる景気循環である。

④ キチンの波は,住宅の建て替えなどの建設投資の変動を主な原因として起こるといわれる景気循環である。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】②はキチンの波の説明、④はクズネッツの波の説明といえる。

問8 景気循環に関連する記述として適当でないものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 好況期には,一般に,生産物に対する需要が増大するため,企業の設備投資は増加している。

② 景気後退期には,一般に,需要に対して生産が過大になるため,在庫が増加する。

③ 不況期には,一般に,企業の資金需要が増大するため,金利が高くなっている。

④ 景気回復期には,一般に,生産の拡大にともなって労働需要が増大するため,失業率が低下する。

解答解説(クリックで表示)
③【解説】不況期は資金需要が高まるため、資金を借りやすい状況を作る方が望ましい。ゆえに金利は低くなると考えられる。

問9 景気対策に関連する記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 輸出補助金の給付は,好況期の景気の過熱を抑制する。

② 雇用保険の給付は,不況期の有効需要の減少を緩和する。

③ 投資優遇税制の導入は,好況期の景気の過熱を抑制する。

④ 消費税率の引上げは,不況期の有効需要の減少を緩和する。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】①輸出補助金を給付すれば輸出が増加し、より景気が良くなると考えられる。②雇用保険の給付により、雇用に対する不安が軽減され、有効需要の減少が緩和する。③投資を優遇すれば、資金の流れはより活発となり、景気は過熱すると考えられる。④消費税を引き上げると、需要の減少が進むと考えられる。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました