共通テスト 政経 過去問 20 国民所得・GDP

kakomon-icon入試問題

2021年から始まる共通テスト。従来実施されていたセンター試験より、思考力を問う問題が多くなる。読解すべき文章量が多くなり、持っている知識と結び付けて正解を導き出す必要がある。とはいえ、まず前提に知識がなければ解けないので、センター試験の過去問演習を通して知識の定着を目指しましょう。

PDFプリントver.はプリント集からダウンロード可能です!紙で問題を解きたい方は、こちらから印刷してください。→《プリント集》

問1 一国の経済状態について体系的に記録したものとして国民経済計算がある。次の文章は国民経済計算の諸指標について説明したものである。文章中の空欄[ ア ]・[  イ ]に当てはまる語句の組合せとして正しいものを,下の①~④のうちから一つ選べ。

一定期間に一国の国民によって生産された財・サービスの付加価値の総額を示すものとして国民総生産(GNP)がある。国民総生産から[ ア ]の額を控除すると,国民純生産(NNP)が得られる。また,間接税(生産・輸入品に課される税)から補助金を差し引いた額を,図民純生産から控除したとき,国民所得(NI)が算出される。一方,一定期間に一国の国内で生産された財・サービスの付加価値の総額を示すものとして国内総生産(GDP)があり,これは国民総生産から[ イ ]の額を控除したものである。

① ア 固定資本減耗        イ 海外からの純所得    ② ア 固定資本減耗        イ 経常海外余剰

③ ア 中間生産物          イ 海外からの純所得     ④ ア 中間生産物          イ 経常海外余剰

解答解説(クリックで表示)
①【解説】持っている知識を文章で説明できるかがポイントとなる問題であり、このような形式は共通テストにも多く見られる。基本的な知識を使いながら、正確に読み解くことができれば、問題なく正解できるはず。

問2 経済発展を数量的に表すために利用するGDP(国内総生産)に関する記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① GDPに海外から受け取った所得を加え,海外へ支払った所得を差し引いたものが,NNP(国民純生産)である。

② 一国の経済規模を測るGDPは,ストックの量である。

③ GDPに家事労働や余暇などの価値を加えたものは,グリーンGDPと呼ばれる。

④ 物価変動の影響を除いたGDPは,実質GDPと呼ばれる。

解答解説(クリックで表示)
④【解説】④は正しい。物価変動の影響を除かないものは名目GDPと呼ばれる。①NNPではなくGNPとすれば正しい。②GDPは半期や1年というように一定期間の経済規模を測るものであり、フローの概念と言える。③グリーンGDPとは、環境による影響を貨幣評価したものを加えた経済指標。

問3 市場での取引とGDP(国内総生産)との関係について述べた記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 市場における株式の取引額は,GDPに計上される。

② 市場で取引されない環境破壊による損失は,GDPに計上されない。

③ 輸出される財・サービスは,国内の市場で取引されていないため,その額はGDPに計上されない。

④ 通貨は,市場取引で用いられるため,家計や企業が保有する通貨量はGDPに計上される。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】➀株を売買しても、売り買いした人の間で資金が動くだけであって、全体として資産が増える訳ではないため、GDPには計上されない。③輸出品は国内の生産物であるため、GDPに計上する。④通貨量はストックの考え方であり、フローの考え方であるGDPには計上しない。

問4 GDPや国民所得についての記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① GDPとは,国内で一定期間内に生産された財やサービスの総生産額から,中間生産物の価額を差し引いたものである。

② GDPとは,ある国の国民が一定期間内に生産した最終生産物の価額を合計したものである。

③ 現在の日本の国民所得を生産面からみると,第二次産業の割合が最も大きい。

④ 現在の日本の国民所得を分配面からみると,企業所得の割合が最も大きい。

解答解説(クリックで表示)
①【解説】②国民ではない。③割合が大きいのは第三次産業。④分配面からみると、約半数が雇用者所得であり、企業所得の割合は30%程度。

問5 所得を把握するための諸指標に関する記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 分配面からみた国民所得(NI)の要素には,雇用者報酬が含まれる。

② 支出面からみた国民所得の要素には,民間投資と政府投資が含まれる。

③ 国民総所得(GNI)は,国民純生産(NNP)から,固定資本減耗を差し引いたものである。

④ 国民総所得は,国民総生産(GNP)を分配面からとらえたものであり,両者は等価である。

解答解説(クリックで表示)
③GNPから固定資本減耗を差し引くと、NNPとなるため、説明文が誤っている。【解説】

問6 次のA~Cは,雇用の安定や生活の安心にかかわる各経済主体の行動によって生じる費用の例をあげたものである。これらのうち,GDPに算入されるものはどれか。最も適当なものを,下の①~⑦のうちから一つ選べ。

A NPO法人の運営する福祉作業所が,そこで作業をする障害者の工賃を増やした場合の工賃の増加分

B 専業主婦であった母親が,パートタイマーとして仕事を始めるために自分の子どもを保育所に預けた場合の保育料

C 地方自治体が,子どもにとって安全な遊具を備えた公園の整備を行った場合の整備費

① A         ② B         ③ C

④ AとB       ⑤ AとC       ⑥ BとC

⑦ AとBとC

解答解説(クリックで表示)
⑦【解説】GDPとは新しく生み出された生産物やサービスの総和である。AもBもCもその活動によって新たな資金が発生しており、GDPに算入されるものである。

問7 経済成長に関連して,国民経済全体の活動水準を測るフローの諸指標がある。次の表は,ある年のそれらの諸指標の項目と金額との組合せの数値例を表したものである。表の数値例をもとにした場合に,諸指標A~Cと,金額ア~ウとの組合せとして正しいものを,下の①~⑥のうちから一つ選べ。

A 国民純生産(NNP)   B 国民総生産(GNP)   C 国民所得(NI)

ア 380   イ 420   ウ 520

① A―ア  B―イ  C―ウ  ② A―ア  B―ウ  C―イ

③ A―イ  B―ア  C―ウ  ④ A―イ  B―ウ  C―ア

⑤ A―ウ  B―ア  C―イ  ⑥ A―ウ  B―イ  C―ア

解答解説(クリックで表示)
④【解説】「GDP+海外からの純所得=GNP」なので、500+20=520。「GNP-固定資本減耗=NNP」より、520-100=420。「NNP-(間接税ー補助金)=NI」より420ー40=380。以上より正解は④となる。

問8 国民経済の指標についての記述として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 国民所得とは,ある時点で蓄積されている国富の額をいう。

② 三面等価とは,国民所得の生産・分配・支出の三面の大きさが等しいことをいう。

③ GNP(国民総生産)とは,ある国である期間に生産された生産物の額を合計したものをいう。

④ GDP(国内総生産)とは,GNPから輸入を引いたものをいう。

解答解説(クリックで表示)
②【解説】①国民所得は一定期間で生み出された富を算出する指標である。③国民総生産は「国」単位ではなく「国民」単位で考える。つまり、他国での生産であっても、日本国民や日本企業による生産はGNPに含まれる。

問9 ある国における2005年の名目GDP(国内総生産)が200億ドル,2006年の名目GDPが204億ドル,2006年の物価上昇率が1%であるとする。このとき2006年における実質経済成長率の近似値として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 1%   ② 2%   ③ 3%   ④ 4%

解答解説(クリックで表示)
①【解説】実質経済成長率とは、物価の変動分を考慮した実質GDPでの成長率を測定したもの。計算式としては、実質GDP=名目GDP/GDPデフレーターで算出できる。GDPデフレーターとは、元の物価を1として変動を示すものであり、この問いでは1%上昇となっていることから1.01と表す。したがって、2006年の実質GDPは204億ドル/1.01=約202億ドルとなる。2005年200億ドル⇒2006年202億ドルの成長率は約+1%となり、正解は①となる。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました