共通テスト 政経 過去問 04日本国憲法の原理

kakomon-icon入試問題

2021年から始まる共通テスト。従来実施されていたセンター試験より、思考力を問う問題が多くなる。読解すべき文章量が多くなり、持っている知識と結び付けて正解を導き出す必要がある。とはいえ、まず前提に知識がなければ解けないので、センター試験の過去問演習を通して知識の定着を目指しましょう。

PDFプリントver.はプリント集からダウンロード可能です!紙で問題を解きたい方は、こちらから印刷してください。→《プリント集》

問1 次の記述A~Cのうち,大日本帝国意法下の制度には当てはまらず,かつ日本国憲法下の制度に当てはまるものとして正しいものはどれか。正しい記述をすべて選び,その組合せとして最も適当なものを選べ。

A 天皇の地位は主権の存する国民の総意に基づく。
B 衆議院議員が選挙で選出される。
C 内閣の規定が憲法におかれる。

① A    ② B    ③ C   ④ AとB
⑤ AとC  ⑥ BとC  ⑦ AとBとC

解答(クリックで表示)

問2 間接民主制を補完すべく,現在の日本において,直接民主制の手法が一部取り入れられている。そうした例の一つである憲法改正手続に関する記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 憲法改正に関する国民投票法は,日本国憲法と同時に制定された。
② 憲法改正に関する国民投票法は,投票年齢を満20歳以上に引き下げた。
③ 憲法改正の承認には,国民投票において,その過半数の賛成が必要とされている。
④ 憲法改正の発議には,衆参両議院において,それぞれ総議員の4分の3以上の賛成が必要とされている。

解答(クリックで表示)

問3 日本国憲法の制定過程や基本原理に関する記述として正しいものを,次のうちから一つ選べ。

① 日本国憲法によって列挙された基本的人権は,法律の範囲内において保障されている。
② 日本国憲法は,君主である天皇が国民に授ける民定憲法という形で制定された。
③ 日本国憲法は,憲法問題調査委員会の起草した憲法改正案(松本案)を,帝国議会が修正して成立した。
④ 日本国憲法における天皇は,国政に関する権能を有しておらず,内閣の助言と承認に基づいて国事行為を行う。

解答(クリックで表示)

問4 憲法で定められる基本的人権を,国民が国家に対して何を求めるかに応じて,次のA~Cの三つの類型に分けたとする。これらの類型と日本国憲法が定める基本的人権ア~ウとの組合せとして最も適当なものを,下の①~⑥のうちから一つ選べ。

A 国家に対して,不当に干渉しないことを求める権利
B 国家に対して,一定の積極的な行為を求める権利
C 国家に対して,その意思形成への参画を求める権利

ア 選挙権           イ 国家賠償請求権            ウ 信教の自由

① A―ア  B―イ  C―ウ      ② A―ア  B―ウ  C―イ
③ A―イ  B―ア  C―ウ      ④ A―イ  B―ウ  C―ア
⑤ A―ウ  B―ア  C―イ      ⑥ A―ウ  B―イ  C―ア

解答(クリックで表示)

問5 国民主権を具体化している日本の制度についての記述として正しいものを,次から一つ選べ。

① 日本国憲法は間接民主制を採用しているので,国民が,国民投票によって直接に国政上の決定を行うことはできない。
② 地方自治体において住民投票を実施する際には,個別に法律の制定が必要であり,地方自治体が独自の判断で実施することはできない。
③ 選挙運動の一環として,候補者による有権者の住居への戸別訪問が認められている。
④ 国民審査において,国民は最高裁判所の裁判官を罷免することが認められている。

解答(クリックで表示)

問6 天皇についての記述として正しいものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 明治憲法下では,天皇は陸海軍の最高指揮権である統帥権を有していたが,その行使には議会の承認決議が必要とされた。
② 明治憲法下では,天皇機関説が唱えられていたが,昭和期にその提唱者の著書の発売が禁止された。
③ 日本国憲法は,皇位は世襲のものであって男系男子に継承されることを,明文で定めている。
④ 日本国憲法は,国会の指名に基づいて天皇が行う内閣総理大臣の任命に際して,不適格な人物については天皇が任命を拒否できることを定めている。

解答(クリックで表示)

問7 日本国憲法と明治憲法(大日本帝国憲法)との比較についての記述として適当でないものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 明治憲法の下では貴族院議員は臣民による制限選挙で選ばれたが,日本国憲法の下では参議院議員は普通選挙で選ばれる。
② 明治憲法は軍隊の保持や天皇が宣戦する権限を認めていたが,日本国憲法は戦力の不保持や戦争の放棄などの平和主義を掲げている。
③ 日本国憲法の下では主権は国民にあるとの考えがとられているが,明治憲法の下では主権は天皇にあるとされた。
④ 日本国憲法は法律によっても侵すことのできない権利として基本的人権を保障しているが,明治憲法は法律の範囲内でのみ臣民の権利を認めた。

解答(クリックで表示)

問8 日本国憲法の成立過程をめぐる記述として誤っているものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

① 憲法問題調査委員会は,ポツダム宣言の受諾に伴って,憲法改正に関する調査を行うために設置された。
② 日本国憲法の政府案は,GHQ(連合国軍総司令部)が提示したマッカーサー草案を基に作成された。
③ 女性の参政権は,日本国憲法の制定に先立って行われた衆議院議員総選挙で初めて認められた。
④ 日本国憲法の政府案は,帝国議会で審議されたが,修正されることなく可決された。

解答(クリックで表示)

問9 日本国憲法が規定する統治についての記述として適当でないものを,次のうちから一つ選べ。

① 天皇は,内閣総理大臣を任命する。
② 内閣は,最高裁判所長官を指名する。
③ 裁判官は,独立して職権を行使することができる。
④ 国会は,国務大臣を弾劾することができる。

解答(クリックで表示)

コメント

タイトルとURLをコピーしました