国際分野

国際分野

政経まとめ50 –地域経済統合–

 今回は「地域経済統合」について。以前の投稿で、貿易体制について紹介したが、GATT体制の下では交渉が多国間で実施されると説明した。参加国が増えれば増えるほど、交渉が難航するデメリットがあり、近隣国や関わりの深い国同士での経済統合...
国際分野

政経まとめ49 –国際貿易体制–

 今回は「国際貿易体制」について。以前の投稿で、IMFやIBRDといった通貨体制に関わる組織を学んだが、今回は貿易に関連する組織を学ぶ。混合しやすいので分けて整理しよう。  背景としては、戦前に各国が関税を引き上げ、対立が深...
国際分野

政経まとめ48 –国際収支–

 今回は「国際収支」について。国際収支とは、その国の収支のこと。みんながお小遣いをもらって、欲しいものを買うのと同じように、国も海外から利益を得たり、モノを輸入するために支払を行ったりする。その収支を計算したものを国際収支といい、...
国際分野

政経まとめ47 –円高円安の問題対策–

 今回は「円高円安」の問題対策について。毎年1問は出ることが多いため、疎かにしたくはない分野だが、慣れていないと正解にたどり着くのが難しい。しかし、出るパターンは限られるので、そのパターンを理解したうえで解いていくとわかりやすくな...
国際分野

政経まとめ46 –円高円安とは[基礎]–

 今回は「円高円安」について。中学時代から少しずつ学ぶ単元ではあるが、理解が難しく挫折する人が多発するところでもある。大学入試においても、毎年1問は出題される頻出単元であるので、2回に分けて解説記事を書いていきます。今回は円高円安...
国際分野

政経まとめ45 –国際経済のしくみ–

 今回は「国際経済のしくみ」について。国際化が進んだことにより、世界中の経済が繋がるようになったため、世界全体で経済を動かしていく仕組み作りが進んでいった。特に、経済面の衝突が戦争の一因になったこともあり、戦後には反省を生かして新...
国際分野

政経まとめ44 –地域紛争問題–

 今回は「地域紛争問題」について。現在においても、民族や宗教、領土問題などを背景に争いが生じている。戦争は国家同士で生まれる争い、内戦は国内での争いを指すが、紛争は争い全般のことを指す。その程度の違いなので、教科書によって○○紛争...
国際分野

政経まとめ43 –軍縮問題–

今回は「軍縮問題」について。第二次世界大戦で日本が被爆したことで、核兵器の脅威が鮮明となった20世紀後半。世界では、この核兵器が使われない未来を目指して、ミサイルや核弾頭の削減を進めてきた。この動きを軍縮という。 この単元は...
国際分野

政経まとめ42 –冷戦の歴史③–

今回は「冷戦の歴史」最終回。冷戦が終結する前後の流れ、冷戦後の世界について解説をしていきます。 まずはここまでの流れを復習しておこう。アメリカを中心とする西側陣営、ソ連を中心とした東側陣営による二極化が弱まり、両国の影響力が...
国際分野

政経まとめ41 –冷戦の歴史②–

前回から始まった、冷戦の歴史について。第2回となる今回は「多極化する世界」について解説します。 まずはここまでの流れを復習しておこう。戦後冷戦が始められ、アメリカを中心とする西側陣営、ソ連を中心とした東側陣営と勢力が二極化し...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました